日本のファッションに関する情報

【孤独のコレクション日記 16SS】ミラノ3日目、グッチのロマンティックな授業とファセッタズムの特別講義

2015.07.01

コメントは受け付けていません。

 今日は朝からソワソワしている。なぜなら、2時間目に落合宏理さんの特別講義、4時間目にはアレッサンドロ・ミッケーレ先生の本格的な授業があるからだ。というわけで、朝の身支度はグッチのツナギを着るべきか、耳から足先までファセッタでそろえるべきか、とあれやこれや。いったんホテルに戻って着替える、なんてことも画策してみたが、この時間割だと到底無理な話か。それでもやっぱり、日本人が伝説の砦『アルマーニテアトロ』でショーをやるなんて、記念すべき日じゃないか。よし、今日はオレ流(落合)で行こうじゃないか! ようやく決まったコーディネートも、赤を基準にするか青を差し色にするかで、また10分少々。ええい、こうなったらミラノの風に聞くしかない。窓の外は晴れ模様だ。よし、空に合わせて青をチョイスしよう。ゲッ、そうこうしているうちにもう9時15分じゃん! 急がなければ1時間目(9:30開始)に遅刻するがな。電話、ipad、カメラは持った。ハンカチ、ティッシュは・・・入れたっけ? んーーー、ツメは戻ってから切るとしよう。 先生、忘れ物したらごめんなさ〜い!このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る