日本のファッションに関する情報

モールも景表法の規制対象、消費者庁が不当表示「関与」に言及

2014.04.30

コメントは受け付けていません。

消費者庁は、仮想モール事業者が景品表示法の規制対象になりうるという認識を示した。一義的に商品や役務を供給する事業者が対象だが、表示への「関与」があった場合の解釈として明らかにした。4月22日開催の景表法の課徴金導入に関する専門調査会で、菅久修一審議官が言及した。楽天市場の出店者による不当な二重価格表...このコンテンツは Fashionsnap.comが配信しています。
記事全文

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る