日本のファッションに関する情報

三日月と共に世界へ、26歳の新星デザイナー「マリーン・セル」が考えるリアルな服作り

2018.04.17

コメントは受け付けていません。

 世界最高峰のファッションコンテスト「LVMHプライズ」のグランプリを受賞し彗星の如く現れたデザイナー、マリーン・セル(Marine Serre)。その名は一気に知れ渡り、現在26歳にしてパリで頭角を現しつつある。シンボルは、ボディースーツからアクセサリーまで随所に刻まれている三日月。「世界へのリアクション」だという服作りについて、来日したセルに聞いた。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る