日本のファッションに関する情報

千趣会「ホットコット」を全面刷新

2016.08.01

コメントは受け付けていません。

千趣会は、5年前の発売以来、累計547万枚を販売した発熱インナー「ホットコット」を全面リニューアルした。従来品で使用していたアクリルとレーヨンを使わず、綿の構成比を45%から95%に高めたほか、新たに開発した綿糸には、綿そのものが発熱機能を持つ発熱綿を30%使用するなどして機能性や着心地をさらに高めた。16年秋冬シーズンは大幅刷新した「ホットコット」で昨年より約20万枚多い80万枚(9億円)を販売...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る