日本のファッションに関する情報

千趣会がベルメゾン事業の構造改革を断行、カタログ依存を脱却へ

2017.02.12

コメントは受け付けていません。

千趣会は、2016年12月期に通販が全セグメントの中で唯一、赤字となったことを受けてテコ入れを強化する。 通販セグメントは主力のベルメゾン事業が不調なため、今期は構造改革に重点を置き、「(ベルメゾン事業は)減収を覚悟で過去最大のカタログ部数削減に着手する」(星野裕幸社長)とし、とくに苦戦しているファッション系の媒体を統合することになるようだ。 千趣会では、「1年近く前に企画を固め、自社で在庫を抱え...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る