日本のファッションに関する情報

東京の町工場チームが「無駄にすごいバッグ」を開発

2017.06.21

コメントは受け付けていません。

東京下町の職人の熟練した技術を活用し、機能満載のバッグづくりが始まった。テーマは「日本のビジネスマンをもっとスマートに格好良くしたい」。アイテムは日本の技術、文化を盛り込んだ「無駄にすごいバッグ」で、世界市場に打って出たいとしている。 このプロジェクトを進めるのは東京下町の町工場の異業種連携チーム「イーストトウキョウメイド」。メンバーは足立区の合成樹脂切削加工、オーエムの大村公史さん、バッグなどの...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る