日本のファッションに関する情報

砂糖を使った伝統的な平戸菓子を現代風にアレンジ「Sweet Hiradoフェア」開催

2018.02.28

コメントは受け付けていません。

古来より対外貿易の窓口として海外の文化の入り口となっていた長崎県平戸。16世紀にはフランシスコ・ザビエルの来日を機にポルトガルとの貿易が始まり、カステラや金平糖などの南蛮菓子は、その後の食文化に大きな影響を与えた。 ホテルオークラ福岡のラウンジ&バー「ハカタガワ」は、砂糖を使った伝統的な平戸菓子を現...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る