日本のファッションに関する情報

“フェイク”だからこそ高品質なエコファーやエコレザーが需要増

2015.05.31

コメントは受け付けていません。

 2015-16年秋冬シーズンは、ファーがビッグトレンドのひとつ。アウターだけではなく小物にまでファーがふんだんに提案されているが、動物の毛皮ではなく合成繊維を使用した"エコファー"を使用するブランドが増加。動物愛護という観点だけではなく、素材技術の向上や安定供給などの背景から、あえて質の高い"フェイク"のファーやレザーが支持されている。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る