日本のファッションに関する情報

【インタビュー】”名品”と呼ばれる「Scye」の服の秘密とは? デザイナー日高久代とパタンナー宮原秀晃に聞く

2015.05.01

コメントは受け付けていません。

 「全てのデザインに意味がある」と語る、「Scye(サイ)」のデザイナー日高久代とパタンナーの宮原秀晃。2000年に制作した15点の試作品からスタートし、今年で15周年を迎えた。ファッションショーや広告といった売り込みを一切行わず、"究極"とも言える質の高いリアルクローズをひたむきに追求し続けて着実に展開を広げ、ファッション業界にも根強いファンが多い。20年目に向けて初の直営店を計画しているという2人に、"名品"と呼ばれる服作りのこだわりを聞いた。 このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る